事業内容

受託開発事業

私たちは、技術者の知恵によるシステム開発、コンサルティング、自社製品開発を行うことで、 お客様に満足いただけるサービスの向上に取り組んでおります。

大規模汎用機上での開発

  • IBM/日立汎用機上の大規模アプ リケーション開発・保守
  • COBOL, PL/I等の言語での開発

大手証券会社にて創立以来20年以上に渡り、継続的に新規開発・維持管理作業を実施

  • HITAC
  • VOS/3
  • ADABAS

UNIX, Windows等をベースとしたクライアントサーバシステムの開発

  • 各種UNIX, Windows系でのアプリケーションの新規開発・保守
  • COBOL, C, VB, VC等の言語での開発
  • Oracle DB2 Symfoware Sybase等のデータベース上での開発

大手金融機関にて金融機関開発管理システムの構築・維持管理を長年実施

  • HP-UX
  • C
  • Oracle
  • Windows
  • VB

MVC(モデル・ビュー・コントロール)モデルを用いたWebシステムの開発

Websphere INTERSTAGEなどのWebアプリケーションサーバ環境下でのオブジェクト指向開発(JavaServlet, EJB, JSP)
大手損保にて自動車事故受付Webシステムの構築を実施

  • Solaris
  • INTERSTAGE
  • Java
  • Oracle

各種OS上でのミドルソフトウェア開発

  • データベースアクセス共通ルーチン作成
  • 暗号化・複合化ソフト開発
  • 外部接続ルーチン作成

業務ノウハウオリエンテッドのアプリケーション開発

証券

  • 投資信託(ファンド)会計 : 元本管理、報酬計算、基準価格算出、ファンド決算
  • 投資信託における証券管理 : 債券、金融先物、株式、短期商品

生保

  • 保障設計(生保商品毎の提案書作成)
  • 生涯設計(年金計算、老後の生活設計)

損保

  • 自動車事故受付業務

見積・提案支援

●ベンダーからの要請で、顧客RFPに基づく提案・見積の支援作業を行なう
●RFPを基に実現調査・実現提案 見積 スケジュールなどをまとめ
●プレゼン資料作成

システム基盤事業

システム基盤事業としては、ハードウェアの設定からミドルウェア、そして最近ではフレームワーク部分までを担当範囲としております。 近年の会社間の大型合弁、統廃合、によりシステム基盤に求められるニーズも多様化しております。 今後のSOA、SaaS時代を視野に入れ、最適なシステム基盤を提供できるソリューションを確立してまいります。

プラットフォーム構築

大手金融機関の合併により、現行2つの営業店システムを統合。現有の老朽化している各支店サーバの代わりに、 オペレーターセンターにセンター集中型の為替サーバを構築。

  • HITAC
  • VOS/3
  • ADABAS

中小規模ネットワーク設計/構築
システム運用設計

運用管理

政府系金融システム運用
<インフラ維持管理>
行内のL/W環境、対外接続環境におけるSunサーバの一元管理、構築システムのインフラ維持管理を実施。さらに、クライアントからのQ&A対応を実施。
<対外接続外郭F/Wシステム運用監視業務>
Internet環境と行内の対外接続環境(行内L/W環境とは別のNetwork接続環境)とを結ぶ経路上にて SiteProtector製品 (Network監視用製品)を用い、そこを流れるパケットの監視、またOSやF/W製品等の脆弱性を含んだセキュリティ情報の提供を実施。

  • サーバー:GP7000Sシリーズ
  • OS:Solaris2.6,7,8,9
  • 開発ツール:b-shell, k-shell

大手自動車メーカー物流システム基盤構築

  • OS:Solaris、Windows Server
  • DB:Oracle、DB2

大手自動車会社生産管理システム運用

ベンダー支援

大手コンピュータメーカユーザサポート
大手コンピュータベンダー技術支援
1. AIXの技術支援
(1)大手ベンダー社員向け、AIXのQ&Aサービス
(2)AIXの技術/運用支援
オンサイトでの技術支援、運用支援やパフォーマンストラブル等問題解決を実施
2. DB2 UDBの技術支援
(1)大手ベンダー社員向け、DB2 UDBのQ&Aサービス
(2)DB2 UDB の技術/運用支援
オンサイトでの技術支援、運用支援やパフォーマンストラブル等問題解決を実施

  • サーバー:IBM pSeries, PC-AT
  • OS:AIX, Solaris, HP-UX, Windows, Linux
  • DB:DB2 UDB

地域サポート

個人客サポート(シニア)

自社製品/コンサル事業

オフィス業務用ソフトウェアの設計・開発

人事システムを補助する機能をテンプレートで提供

  • 業務効率化と通勤費削減を実現する 通勤費管理システム通勤費.impact!

カスタマイズ及び付帯サービス(コンサルティング・ユーザサポート)

上記PKGを導入する際の環境設定、システム導入等のシステム関連のサービス業務を遂行する上で 必要となる業務規定に関するコンサルティングを実施

ユーザ部門主導要件定義支援

鉄鋼鋼材輸出部門のエンドユーザコンピューティング全般
金融機関研究部門の統計用データベース構築支援

シニアビジネス事業

シニアビジネス事業としての目標は、シニアの皆様のITにおける総合駈込み寺となることです。 人生経験豊かな教養溢れるシニアの皆様が、最先端のテクノロジーを駆使し、 より豊かな生活を過していただけるような魅力のある「場」を提供してまいります。

パソコン教室事業

富士通ラーニングメディア様とのフランチャイズ契約によりパソコン教室 「富士通オープンカレッジ」を展開しております。

  • 富士通オープンカレッジ調布校

シニア向けITサポート事業

富士通パーソナル様との契約により富士通製パソコンの販売、周辺機器の販売の他、 自宅パソコン機器等のトラブル解決サービスを実施しております。

  • パソコン販売
  • 初期設定サービス
  • リモートサービス
  • 現地での障害対応

アクティブシニア向けサービス事業

シニア特化型SNSサイトの構築・運営・提案

オフショア事業

私たちは、本社(日本)プロパーによる開発をオフショア価格で行うことで、 高品質なシステム開発のコスト削減をお客様にご提案いたします。

弊社のオフショア開発

全ての工程を日本語で統一して行うことが最大の特徴であり、さらにニアショア/オフショアの両方のメリットを持ち合わせた開発を行っています。


ニアショアメリット

  • 日本語でコミュニケーションができる
  • 物価の高い東京よりコストが安い
  • 日本の高品質対応が出来る

オフショアメリット

  • 優秀な人材が将来に渡って確保できる
  • 高度な基盤技術者の確保が容易
  • 高度な業務PKGの活用ができるソリューションや人材が豊富
  • コストが安い
  • 将来の現地商品の開発・生産
  • 人件費が安いため、人材のプーリングによるシェアリング契約が可能

弊社で開発するメリット

コスト制御
「少ない投資で多くの成果」を得るプロセス を確保しているので、将来に渡ってコストを低減させる効果が期待出来ます。

  • コストの高い地域ではそこでしか出来ない仕事を集約して実施
  • 内部設計から単体テストまでの工程に関しては、一般的な分散開発 (ニアショア/オフショア共)工程として現在最も活用されているパターン

敏捷性
開発力を確保しているため、柔軟に人員配置することが可能となり、 変化に適応したシステムにしていくことが出来、また、開発量の増加にも素早く対応が出来ます。


柔軟性
必要な時期に必要な分だけ直ぐに開発に着手でき、 シェアリングとプーリングの活用により開発力とコスト削減の両立が実現します。


グローバル化
各拠点毎のローカライズ対応により、 異なる文化を理解して対処していくための商品オファリング対応が可能となります。
生活習慣や価値観、国民性、法規制など市場ニーズに合った商品を適切なタイミングで 投入するために、市場に近い所で商品開発を実施、グローバルなシステムオペレーションと ローカルな市場即応力の実践が行われます。

デメリットの解決

弊社では、ニアショア/オフショアにおけるデメリットを解決させることで、 メリットを最大に生かせる開発を行っています。
コミュニケーションギャップ
同一拠点内では白板に進捗状況、品質状況、課題などを書いて関係者と共有したり するが複数拠点で開発する場合は全拠点間での「見える化」の仕組みが必要
→現在も伝達の多くがメールベースで行われている
→テレビ会議の活用、OSSによるコミュニケーションツールの活用により解決出来る


運搬の無駄
各拠点間の資産の移動に伴う作業の無駄が予想される
→開発するアウトプットを外へ出さないことにより解決できる。


各工程間の仕様伝達工数、ブリッジの役割を果たすSE工数
→国内のリーダクラスを現地に駐在させる


仕様の理解不足によりQ&A工数の増大
→方式設計段階で仕様の型決めを実施する


日本語の壁、言葉の壁
現在国内で通常使われている仕様書、及び要件定義書、外部設計書などでは 仕様は完璧には伝わりません。
→仕様書、設計書の書き方に工夫が必要 例)可能、不可能、OKなどはっきりとした表記が必要
→ドキュメント面では、高コンテクスト化は必須事項でこの部分の工数が増加する
→バイリンガルSEの確保が必要

その他、文化的な違いから来るマネジメント方法に工夫が必要
例)報酬制度、昇給昇格、目標管理、定着率


セキュリティ面での不安
ソースコードの流用、仕様書の流出など民度の低さから来る情報漏洩リスク
→物理的安全管理処置により情報が外へ出さない仕組みにより解決できる。

開発環境

分散拠点独自ネットワーク方式
シンクライアント方式
上記統合案

蘇州開発センター

所在
蘇州開発センターは、シンガポールをモデルに、同政府と中国政府との合意によって成立した計画都市である 中国江蘇省蘇州市“蘇州工業圏区”にあり、上海から鉄道で26分という好立地にあります。
セキュリティ

  • 玄関の指紋認証
  • 開発ホールドアの入退室指紋認証
  • 施錠可能なガラス張りの専用プロジェクトルーム
  • 見通しが効く開発フロア

開発実績

  • 銀行コールセンター向けリアルタイムモニタ機能開発(.NET)
  • A社(建設業)向け通勤費Webサービスオプション開発(.NET)
  • B社(小売業)向け通勤費給与連携機能開発(.NET)
  • 自社製品向けインフルエンザ対策用一斉メールシステム開発(Ruby)
  • 社内研修教材向け銀行預金口座管理システムモデル開発(Ruby)
  • 現地企業(製造業)向け人事管理システム開発(Java)
  • 学習教材業者向け教材管理バッチ開発(Java)

中国ビジネス事業

製造業・商社向けERPシステムの提供・日系・その他外資系企業向けSE支援サービス・GPS/RFID等の先端技術開発に関する研究開発・現地大学への産学連携カリキュラムの提供・IT技術者向けプロジェクト演習・IT技術者向け日本語訓練

Copyright(C) 株式会社バイトルヒクマ All Rights Reserved.